ファイル暗号化・遠隔消去ソリューション(FinalCode) | 仮想化・システムサポート・ワークスタイル変革ならQES

ソリューション SOLUTION :ファイル暗号化・遠隔消去ソリューション

サービス概要

守る!記録する!あとから消せる!パスワードレスのファイル暗号化・追跡ソリューション

「FinalCode」は、社外に提供した重要ファイルを暗号化して、開封状況などの利用状況を追跡し、遠隔で削除もできる情報漏洩対策に有効なファイル暗号化・追跡ソリューションです。

サービスの特長

送ったファイルの追跡と削除が可能

一般的に利用されているパスワードロックを利用すると、ファイルの開封者にパスワードを通知する必要があり、パスワード自体が漏洩すると、誰が開いたのかもわからず、回収することはできません。
「FinalCode」には、パスワードが無いため、パスワード通知の手間が無く、開封者を限定して暗号化します。仮にファイルの閲覧者が無断で第三者にファイルを転送しても「開き方」を教えることができません。また、ファイルの追跡と削除が可能なため、情報が漏洩することはありません。

ファイル送付後でも、自由に権限編集が可能

ファイルに対して、閲覧回数制限や印刷制御など様々な設定で暗号化をかけることができます。
さらに、ファイルを送った後でもアクセス制限を変更したり、ファイルそのものを削除したりすることができるため、手元を離れてしまったファイルを「あとから」見られなくすることで、誤送信をしてしまった場合や"もしも・・・"の場合の情報漏洩を防止します。


制御設定可能な機能

制御設定可能な機能
管理項目 管理内容・方法
閲覧者の設定 メールアドレス/ドメイン
閲覧回数・期限 閲覧回数 (  )回
閲覧期限 年月日時分から
年月日時分まで
閲覧日数 (  )日間
制限なし
違反操作時 リモート削除 有効/無効
編集権限 元ファイルへの変換 許可/不許可
上書き保存 許可/不許可
コピー・ペースト/キャプチャ 許可/不許可
印刷 許可/不許可



メールで送るすべての添付ファイルに「FinalCode」の安心を

電子メールフィルタリングソフト「m-Filter」と連携することで、社外に送られるすべての添付ファイルを「FinalCode」によって受信者だけが閲覧できる形式で暗号化することができます。
これによって、パスワードが無いため通知の手間が無く、受信者が無断で転送しても「開き方」を教えることができなくなります。利便性とセキュリティを両立させた、究極のメールセキュリティが実現できます。

製品構成

クラウド版、オンプレミス版と導入形態が選べます

「FinalCode」は、クラウド型のASP版とオンプレミス版の両方の導入形態を提供しています。
ASPからオンプレミスへの移行も可能ですので、ASP版でスモールスタートし、製品を評価することができます。

課金対象は暗号化ファイルを作成するユーザーだけ。
暗号化ファイルを作成しない社員や、業務の委託先など、暗号化ファイルを閲覧/編集するだけのユーザーは、閲覧/編集専用の「FinalCode Viewer」を無償でお使いいただけます。
当然、他のファイル暗号化製品と比較しても、低コストで導入することができます。