低コストVDIインフラ誕生!リモートPCアレイ(RPA)

リモートPCアレイ(RPA)とは

リモートPCアレイ(RPA)は、1Uの筐体に20台の物理PCカートリッジを搭載した、仮想デスクトップに必要な、CPU、メモリー、ストレージ(SSD)、ネットワークスイッチ、マネジメントソフトウェアをオールインワンにて提供する、ハイパーコンバージド・ソリューションです。

RPAなら、VDI導入時のこんな課題を解決できます

  • 導入時の莫大な
    コスト

  • 設計/構築
    バグ対応に要する時間

  • パフォーマンスの
    低下

  • 拡張の複雑さ

  • 運用の難しさ

主な特長

リモートPCアレイ(RPA)は、20台のPCを1Uの筐体に集約しています。1台のPCには、インテル製CPUと4GBのメモリー、64GBまたは128GBのSSDが割り当てられており、仮想デスクトップに必要な、CPU、メモリー、ストレージ(SSD)、ネットワークスイッチ、マネジメントソフトウェアをオールインワンにて提供する、ハイパーコンバージド・ソリューションです。ハイパーバイザーが不要なため、インフラ部分のコスト削減だけでなく、設計・構築期間も短縮することが可能です。また、システムの拡張も1U単位で容易に行えます。

リモートPCアレイ

RPAの導入のメリット

コストの削減

コストの削減

ハイパーバイザーが不要のため、コストを最小限に抑えることができます。

時間の短縮

時間の短縮

ハイパーバイザーとパフォーマンスサイジングが不要のため、設計構築期間を短縮することができます。

高パフォーマンス

高パフォーマンス

1ユーザ・1物理のため、リソースの独立性が保てるため、他ユーザの負荷干渉はありません。

拡張性

拡張性

物理リソースを無停止で追加するだけ、つまりダウンタイムゼロで拡張が可能です。

運用のしやすさ

運用のしやすさ

障害ポイント削減のため、クライアント運用者でも安心して運用いただけます。

機能追加

イメージ配信

1)イメージ配信

PCカートリッジへのOS配信を簡素化します。
例えば、Windows Deployment Serviceを利用してイメージ管理をします。
※ホスト名やIPは手動で作業が必要

ユーザデータの保護

2)ユーザデータの保護

ユーザデータを保護します。
例えば、移動プロファイルを利用して ファイルサーバのデータをバックアップします。
PCカートリッジ障害時でも、空いているPCカートリッジに ログオンすれば、いつもと同じ環境をお使いいただけます。

PCカートリッジのデータ保護

3)PCカートリッジのデータ保護

PCカートリッジのデータをバックアップすることで、AcronisやSymantecを利用してイメージバックアップを夜間に実施可能です。
また、イメージ配信やPCカートリッジの障害時も簡単にイメージ復旧できます。

可用性と運用

4)可用性と運用

リソースをプール化
ユーザはどのカートリッジを利用しているか意識しない

イメージを単一管理
配信するイメージは、カートリッジ再起動で次回即反映

Citrix Xendesktop
Citrix Provisioning Service
移動プロファイル

Atrust Chassis Manager(ACM)とは

「リモートPCアレイ」を管理するためのツールです。
筐体に直接KVMを取り付けて管理するLocal ACMと、ネットワーク越しに外部から複数を管理するRemote ACMの2つがあります。

Atrust Chassis Manager(ACM)の機能

Chassis管理

  • 筐体情報:Firmware、ファン状態、電源状態、温度
  • Firmware アップデート
  • ACM管理IP設定(DHCP/固定IP)
  • Chassisの障害通知
    • メール通知
    • SNMPTrap
  • ユーザアカウント管理(ACM用ユーザ)

PC Cartridge管理

  • 電源ON/OFF
  • OS操作 ※OSにAgentのインストールが必要です。
    • シャットダウン、再起動
    • ホスト名変更

スイッチ管理

  • スイッチ設定 (設定画面はACMからポップアップ)