PassLogic

サービス概要

PassLogicはPASSLOGY社が開発したトークンレス・ワンタイムパスワードで情報漏えいを防ぐ事が出来る製品です。

PassLogic PASSLOGY

主な機能

”マスの位置”と”順番”(シークレットパターン)から、ログインのたびにワンタイムパスワードを作成します。
パスワードの代わりに、「マスの位置を覚える」という手法でセキュアな認証を実現します。

1

[マスの位置]と[順番](シークレットパターン)から抜き出した数字がパスワードになる

2

ログイン時は出現した乱数表から登録した[マス目の位置]の数字を[順番]通りに抽出し、
パスワードとして使用。ログインのたびに乱数表は変わる。

PassLogicはシステム間で多くの業務システム連携を行っており、連携プロトコルも豊富に配備されています。

Office365クラウドサービスに対応

QESはPASSLOGY社よりOffice365連携での技術提供を行っているOffice365連携支援パートナーです。
Office365を利用する場合にセキュアな認証を実施したいといった場合にPassLogicが便利です。
PassLogicはMicrosoftクラウドサービスであるOffice365にも対応しており、
外部・内部で利用する場合にシークレットパターンでの認証を利用することでよりセキュアな認証が可能になります。
PassLogicはOffice365を利用するにあたり以下機能に対して全て対応しております。

  • インターネットからのOffice365ポータル
  • ADFS環境からのSSO接続

[Office365やADFS環境での場合]

@Office365でアカウント情報を入力

APassLogic認証画面が出力。ユーザー名を入力すると

B乱数表画面が出力されるのでシークレットパターンに沿って数字を抜き出して入力

COffice365へログイン

環境構成例

PassLogicの構成は全てクラウド環境で構成することが可能です。
以下構成例ではAzure環境上で環境を構築した場合での構成図です。