ワンタイムパスワード導入サービス(SecureMatrix) | 仮想化・システムサポート・ワークスタイル変革ならQES

ソリューション SOLUTION : Flex Work Place

Flex Work Place Passageとは

PCを「データレス化」するためのソフトウェアです。

各ユーザーがアクセス可能な共有フォルダへ読み書きをリダイレクトさせることでローカルHDDに
ユーザーデータを保存させることを防止します。
これにより、セキュリティの向上及びデータ移行・復元時の運用負荷の軽減を実現します。



Flex Work Place利用時のメリット



Flex Work Place PassageとVDIとの比較

Flex Work Place PassageではVDIで必要となるMicrosoft VDAライセンスは必要ありません!
シンクライアント端末も必要ありません!
ご利用のPCを活用しつつ、シンクライアントと同等の効果をもたらします!



<一般的なVDIとPassage(データレスPC)との比較表>


働き方改革につながるFlex Work Place Passage

Flex Work Place PassageとWi-Fi化やクラウドサービス(Office365/Google)の組み合わせで
既存資産を利用したオフィスのフリーアドレス化やテレワーク環境の実現が容易に行えます。

@セキュリティ・利便性(Office365との連携の場合)

テレワークを実施するにあたり課題はセキュリティ、稼動管理になります。
VPN接続により社内ドメインに参加すると、自宅にいながら 社内と同等の環境で作業ができます。
Passageによりローカルディスク、外部デバイスへの情報漏えいの心配もありません!

A勤務実態の把握(SKYSEA Client Viewとの連携の場合)

勤務実態はSKYSEA Clinet View等の資産管理製品により把握できます。
以下の例は外部(自宅)の端末のログをインターネット経由でリアルタイムに社内の中継サーバを経由して取得しています。

初回電源ON時刻と最終電源OFF時刻を、クライアントPCごとに一覧で確認できます。勤怠システムなどで
申告された稼働時間との差異など確認が可能です。

Flex Work Place Passageライセンス価格

Microsoft VDA等は不要です。
PassageはActiveDirectoryに参加していることが必須となります。
ライセンスの他には、ActiveDirectoryサーバ、プロファイル用サーバ、プロファイルのバックアップを取得する場合はバックアップサーバ等が必要となります

※)当費用には設計、構築費用は含まれておりません。
別途ご相談ください

上記製品も弊社取扱いソリューションです。