MEDiARK-8000について

MEDiARK-8000について、実機のデモ映像を交えて解説いたします。

MEDiARK-8000とは、

IPカメラやPC画面など複数の入力ソースの映像を、複数のディスプレイに画面サイズに依存せず、
自由な組み合わせで同時表示することを可能とする制御装置のことです。

まずはMEDiARK-8000の直感的な動作方法を、動画にてご覧ください。
簡易な操作性といった特徴をご覧いただけます。

MEDiARK-8000の特徴

QESが取り扱う、MEDiARK-8000の特徴について解説します。

MEDiARK-8000はハードウェアSWが不要。ソフトウェアで制御。

コスト削減

ケーブル工事などがなく、ハードウェア製品による構成と比較して、安価、容易に構築が可能。
メンテナンス費用も抑えることができます。

簡単操作

専用ソフトウェアで簡単に入力機器を接続して、表示を構成することが可能です。
マウスひとつで簡単に画面構成を変更できます。

遠隔でも・複数人でも操作可能

IPネットワークに対応しているので、IP入力のほか、
画面操作や設定も遠隔から可能です。
複数人で管理者権限の設定や画面操作することが出来ます。

MEDiARK-8000の機能

「MEDiARK-8000」の特徴的な機能について解説します。

コア部品の二重化でシステム安定性を確保

コア部品の二重化でシステム安定性を確保
  • Wall Controllerを二重化する事でWall Controller障害時に自動でFailoverも可能
  • デュアルCPUで性能の拡張をサポート
  • デュアルLanをサポート
    「LACP(Link Aggregation Control Protocol)」
  • HDD(RAID1)を二重化することでホットスワップをサポート
  • POWER 二重化で Dual Redundant PSU サポート

多様な入力信号をサポート

多様な入力信号をサポート
  • 多様な入力信号の多彩な映像表示をサポート
  • ネットワーク入力と物理的な入力信号を同時にサポート

入力画面を自由自在に配置・拡大・縮小・重複

入力画面を自由自在に配置・拡大・縮小・重複
  • 複数の ディスプレイ構成で、一つの大型画面として表示も可
  • 運営者の意図通りに特定映像を大型画面に拡大・縮小・重複して自由自在に表示
  • オーバーレイ表示(画面の重ね合わせ)数に制限なし

*採用のグラフィックカードは、隠れている部分をレンダリングしない為、負荷が掛りません。

プリセット機能

プリセット機能
  • ユーザが自由に配置した画面構成を保存し、同一画面の再現が可能

管理者の複数設定機能

管理者の複数設定機能
  • 複数の管理者が使用可能

シナリオ機能

シナリオ機能
  • 多様に保存されているプリセット情報をユーザが希望するシナリオを作成し、
    指定した時間別に実行することが可能

映像及び音声同期化機能

映像及び音声同期化機能
  • 映像及び音声の同期をサポートし、 Agent PCの映像を表示する際に、
    途切れたり、タイムラグが発生しないようにすることが可能

字幕 (Ticker) 機能

字幕 (Ticker) 機能
  • 字幕機能を使って大型画面にメッセージを表示
  • 大きさ / フォント / スライディング / 色など自由に設定可能

多様なコーデックをサポート

多様なコーデックをサポート
  • 多様なコーデックをサポートし、ViVaCe Agent PCの多彩なグラフィックカードをサポート
    (H.264, CUDA, Quick Sync等)

無限拡張 (Cascade) 機能

無限拡張 (Cascade) 機能
  • 物理的に離れているシステムを統合して運用可能
  • 複数台の Hybrid Wall Controllerを1台のように使う事が出来る
  • 管理ソフトウェアを使って無制限に拡張可能

MEDiARK-8000の導入シーン

大規模ビルや商業施設など
複数拠点の監視が必要な管理センター

道路等の交通、空港、河川等、数百台の
監視カメラを統括する管制センター

インパクトのあるプロモーションが
必要な展示会やショールーム

MEDiARK-8000の操作マニュアルについてはこちらよりダウンロードください。