次世代育成支援 | 仮想化・システムサポート・ワークスタイル変革ならQES

会社概要

次世代育成支援

次世代育成支援対策推進法への取組みについて

少子化が急速に進行する社会において、次の世代を担う子供たちが、健やかに生まれ育つ環境をつくることが目的である次世代育成支援対策推進法が改正されました。
QESは、この法律の趣旨に則り、子育て中の社員が仕事と育児を両立させ、社員のより働きやすい環境を整備し、すべての社員がその能力を十分に発揮できるよう努めます。
また、若年者に対するインターンシップ等の就業体験の機会を提供し、安定就労・自立した生活のサポートに努めます。 ここに、QESの「一般事業主行動計画」を掲示します。

「一般事業主行動計画」

1.
計画期間 平成27年4月1日〜平成32年3月31日(5年間)

2.
目標1 育児休業後に社員が復帰しやすくする為、より密な情報共有ができるようにする。
目標2 所定外労働時間の削減を目標とする対策を実施する。
目標3 若年層に対するインターンシップ等の就業体験機会提供を継続する。

<対策>
目標1
希望者のみに実施していたiPad貸出しを今後は休業者全員に行い、自宅から社内イントラを閲覧できるようにし、情報共有を図っていく。

目標2 
勤怠システムを導入することで、システムからの注意喚起や、各自が所定外の労働時間をリアルタイムで把握できることで、
今後の業務の取り組み方や上長との相談で所定外労働時間の改善・削減を図る。
また年休については、計画年休を促進することとし、「計画年休付与制度」(年休日数の5日を超える部分は予め労使で時期を定める)などの導入も検討していく。

目標3 
夏休み期間中に1週間程度の受け入れを実施する。